コラム

軽自動車の車検は、方法によって流れの違いがある

軽自動車を車検に出そうとする際、必ず支払わなければならない「法定費用」として、自動車損害賠償責任保険 24カ月分26370円・自動車重量税8800円・必要印紙1400円の合計36570円が概ね必要です。「概ね」というのは自治体によって僅かに違いがあるためです。



指定工場(民間車検場)に依頼する方法が一般的です。



指定工場の場合、その工場の中で全て行うことが出来るため、流れとしては「申し込み」→「見積もり」→「点検整備」→「車検手続き」を一貫して依頼できるために手間が最もかかりません。

費用としては上記の法定費用に2万~3万円程の費用を足した額が最低限必要で、修理しなければならない箇所が見つかった場合、その費用がさらに上乗せされます。

これらの総額が「見積もり」として出されるので、納得出来ればそのまま依頼することになります。



見積もりまでを1日程度と素早く無料で行ってもらえるところが多いので、より安く済む指定工場を探すために複数へ見積もりを依頼して、納得できるところがあれば「点検整備」→「車検手続き」の流れに進んでもらうのが良いでしょう。



工場によって設備・品質にバラつきがあるのが特徴で、優良な工場を探すことが大切になります。

また、自分で工場まで持ち込み、完了後に持ち帰るのが基本なので、代車の手配をしてくれるところを探す必要があります。



ディーラーに依頼する方法もあります。

修理必要箇所が見つかった場合の料金が指定工場より割高になることが多いのですが、その代わりに技術力の高い整備・修理が受けられるのがメリットです。指定工場よりも良し悪しのバラつきが少なく安心して依頼できるところがメリットになるわけです。

料金が多少掛かっても安心出来る方法を望む方にはお勧めです。



ユーザー車検という方法もあるのですが、これはその名の通り手続きを全て自分で行うもので、最も費用を抑えることが出来ます。

まず、軽自動車検査協会のHPから予約をし、「車検証」、「軽自動車納税証明書」、「自賠責保険証明書」を受付に提出し、検査を受ける流れになります。



修理必要個所が無い場合、上記の法定費用だけで済むことになり費用は最も掛からないのですが、問題は修理必要個所が見つかった場合です。



この場合、自分で修理工場を見つけてその部分を直して再び検査を受けることになり、手間と期間が増大します。



このようにそれぞれで、メリット・デメリットがありますので、予算・希望の期間などに合わせて選ぶことにより、お得な方法を見つけることが大切です。

次の記事へ