コラム

必要書類が揃っているのならスピード車検は可能

2年毎にやってくる車検を受ける場合には、整備工場を有するディーラーか業者に任せる方法か、自分で陸運局に車両を持ち込んで継続検査を受ける方法(ユーザー車検)といった手段があります。検査有効期限日の一か月前から継続検査を受けることが出来ますので、通常であれば余裕を持って検査を受けることになります。しかし中には有効期限日を忘れている、あるいは勘違いしていたことにより、継続検査の有効期限日の数日前、あるいは期限を越えてしまってから気付くこともあります。検査有効期限が切れてしまった車両は公道で使用することは許されていませんので、所有している車が検査有効期限直前あるいは期限切れの状態である場合には、即座に継続検査を受ける必要があります。この際、必要書類さえ揃っていれば即日での継続検査は可能です。継続検査を受ける時に必要な書類としては『検査証』『自賠責保険証明書』『自動車税証明書』があります。このうち、検査証については車内に保管が義務付けられています。もし紛失していたとしても陸運局ですぐに再発行可能です。自賠責保険証明書(自賠責保険の証書)については更新手続きを行う必要があります。車検時には新しい証明書とこれまでの証明書の両方を準備していたほうがよいでしょう。また、自動車税証明書は陸運局によっては提出する必要が無い場合がありますが、滞納していないことが継続検査の条件となりますので注意が必要です。ディーラーや整備工場などの業者に検査を依頼する場合には、車両と必要書類を店舗に持ち込むことになります。また、自分で継続検査を受けるのであれば車両を陸運局まで持ち込み、陸運局の継続検査窓口に申請書と必要書類を提出して検査を受けていきます。このように、検査有効期限切れ直前の車であってもスピード車検は可能です。ただし、すでに検査期限が切れてしまった車両については、そのままの状態でディーラーや整備工場、または陸運局に持ち込むことは出来ません。しかし市町村役場で自動車臨時運行許可(仮ナンバー)の申請を行い許可が下りれば最大5日間仮ナンバーでの走行が可能となりますので、これを利用して車検を受ける場所に車を持ち込むことになります。このように車検有効期限の直前、あるいは有効期限が切れてしまっている場合でもすぐに検査を受けることは可能なのです。しかし、出来ることなら検査証に記載されている有効期限日をしっかり確認し、余裕を持って継続検査を受けることが大事なのです。

次の記事へ