コラム

車検費用を安くすませたい

車検とは、新車から計算して初回は3年、2回目以降は2年ごとに受ける自動車の定期検査のことです。カーユーザーにとっての義務なので検査を受けていない自動車では公道を走ることができません。

もし、非検査のまま走行すると罰金や禁固刑が科せられるので注意しましょう。



さて、気になるのは車検費用です。



費用内訳は、整備・点検・検査代+法定費用となっています。

整備・点検・検査代は、車検を受ける業者によって変わります。基本的な検査費用に加え、エンジンオイルの交換など消耗品の交換が必要な場合は別途料金が加算されるので注意しましょう。

法定費用は、自陪責保険料・重量税・印紙代のことで排気量によって一律です。よってどこの業者で受けても変わりません。



費用相場としては、軽自動車なら7万円前後、乗用車なら排気量により10万円~20万円ほどとなります。

2年毎に1回とはいえ、一度の出費ですから安いとは言い難い金額です。そこで、損はしたくないですし、できるだけ安く受けたいというのが本音でしょう。

法定費用はどこでも一律なので、節約するとしたら整備・点検・検査代になります。



車検を受けられる業者には主に、ディーラー、フランチャイズ店、民間整備工場、カー用品店、ガソリンスタンドなどがあります。

ディラーで受ける場合の整備・点検・検査代の相場は4万円~10万円、フランチャイズ店と民間整備工場では2万5000円~8万円、カー用品店とガソリンスタンドでは2万円~6万円となっています。こうしてみるとディーラーは安くないですが、メーカーの専門性があるという点では保安基準の適合検査の確認のみならず、しっかりとした整備が期待できます。

どこがいいかは一概ではないで、じっくりと検討しましょう。

ちなみに、自動車の知識がある方なら自身で車検を通すことも可能で、その際は整備・点検・検査代がかからないので法定費用のみとなり、かなり安く上げることができるでしょう。



さて、今はどこの業者もユーザーの争奪に力を入れており、そのためお得なキャンペーンを用意していることも少なくはありません。

例えば、よくあるのが、インターネット予約割引です。これはインターネットで車検の予約をすることで受けられる割り引き特典です。他にも、期限よりも数か月前に予約しておくことで受けられる早期予約割引、リピーターが受けられるリピーター割り引きも一般的です。

お得に受けたいなら、こうしたキャンペーンもチェックしてみるといいでしょう。

次の記事へ