コラム

軽自動車の車検を安く受ける方法

軽自動車を所有している場合、普通車同様に2年毎の車検(継続検査)を受ける必要があります。普通車程ではありませんが、継続検査を受けるための費用は大きな出費となります。しかし、継続検査の期限が切れた自動車をそのまま使用することは法律で禁じられています。そもそも自動車の継続検査の費用としては、『自動車重量税』、『検査手数料』そして『自賠責保険料』というどのような手段で継続検査を受検しても必ず支払いが必要となる『法定費用』。そしてディーラーや整備工場など指定整備工場を有する業者に継続検査手続きの全てをお願いする場合に必要となる『車検基本料』の二種類があります。ですから、軽自動車の継続検査費用を安く抑えたいのであれば、車検基本料が安い業者を探すか、法定費用のみの支出で済む『ユーザー車検(自分で継続検査を受検する方法)』での継続検査受検ということになります。このうち、費用の支出が一番抑えられる手段はユーザー車検です。『自分で継続検査を受検する』という言葉だけを聞くと、非常に複雑な手続きと思われがちですが、実際は誰にでも出来る簡単な手続きです。自分で継続検査を受検するためには、インターネット上にある(予約システム)において継続検査受検の予約を行うことから始まります(普通車とは別のサイト上にありますので注意が必要です)。ここで継続検査受検の日時を指定、予約した後は、当日までに必要書類(検査証、自賠責保険証明書、軽自動車税証明書)を揃えます。なお、自賠責保険については更新手続きが必要となります。当日は、検査場に行く前にテスター場にて予備検査を受けます。予備検査はいわゆる模擬検査であり、実際の継続検査のラインで行われる検査と同じ内容のものを受けることが可能です。ここで異常が無ければ、本番の継続検査ラインでもほとんど合格します。異常が見つかった場合、軽微なものであれば予備検査場で調整、整備を行うことが可能です。予備検査を受けた後は本番の継続検査を受検します。ここでは前後ブレーキ及びサイドブレーキ、ヘッドライトの光軸、下回り、排気ガスの検査が行われます。検査に合格しましたら、新しい検査証とステッカーが交付され継続検査受検完了となります。もし不明な点がある場合には係官に尋ねながら受検することも可能です。なお、継続検査受検は平日のみしか受け付けていませんので、平日に時間的余裕のある場合でなければユーザー車検を受けることは出来ません。しかし、一番費用が安く抑えられる手段であります。

次の記事へ