コラム

車検の流れと必要書類について

自動車を公道で使用し続けるためには、2年に一度の車検(継続検査)が欠かせません。通常、2年の期限が切れてしまう前に継続検査を受けることにより、さらに2年間有効期限が延長されることになります。継続検査を受ける方法としては、指定整備工場があるディーラーや整備工場などの業者に手続きの全てを任せる手段と、自分自身で車両を検査場に持ち込んで、継続検査を受ける手段の二種類があります。どちらを選択しても受けなければならない検査と必要書類は同じとなります。車検の流れについてですが、まずディーラーや業者などに依頼するのであれば、当該車両及び必要書類を整備工場に持っていくだけとなります。あとは業者が継続検査及び書類申請を行います。自分で継続検査を受ける場合(ユーザー車検)の場合には、継続検査の予約をインターネット上で行い、検査当日までに必要書類を揃えておきます。当日は継続検査を受ける前にテスター場において予備検査を受けることをお勧めします。この予備検査では本番の継続検査のラインと同じ内容の検査を受けることが可能となっており、ここで何も異常が無ければ本番の検査でもほとんど合格します。もし異常個所が見つかったとしても、継続検査前に整備が可能です。予備検査を受けた後は、検査場の窓口で必要書類と申請書を提出し、継続検査ラインで検査を受けます。



ここでは、前後ライトや方向指示器の点灯確認などの後、検査ライン上で前後ブレーキと駐車ブレーキ、スピードメーター、ヘッドライトの光軸、下回り、排気ガスと検査が行われます。すでに予備検査を行っていますので問題無く検査を終えることでしょう。検査で異常が無ければ、新しい検査証とステッカーが交付され、継続検査完了となります。これが車検の一連の流れとなります。検査する内容に関しては業者に依頼しても自分で継続検査を受けても一緒です。必要書類についても同様で、自動車検査証と自賠責保険証明書、そして自動車税証明書を揃える必要があります。このうち、車検証については基本的には車内に備えておかなければならないものですが、万が一紛失してしまった場合でも、陸運局で即日再発行が可能となっています。自賠責保険証明書は、強制加入となっている自賠責保険の証書です。これは継続検査と同じ時期に更新時期となりますので注意が必要です。自動車税証明書については、現在提出しなくてもよい検査場が存在しますが、これまでと同様に自動車税を滞納している場合には継続検査を受けることは出来ません。

次の記事へ