コラム

車検についてと安い業者について

車検とは



今回は車の点検についての紹介をします。点検とは車の安全性の確保と公害防止のために道路運送車両法に定められた保安基準に適合しているかどうかの検査になります。点検と言っても種類は一種類ではないのです。実は点検は三種類あり、新規車検と構造変更検査、継続検査の三種類になります。まずは新規点検ですがこれは、新車の登録検査や一時的に破棄した車の再登録をする時に行う検査になります。次に構造変更検査ですが、これは改造車等、車の構造を変更した場合の検査になります。次に継続検査ですが、これは期限満了の更新検査を受けることを言います。これらから、一般の人が受ける点検は継続車検になります。車を新車で購入した場合、3年後から検査が始まります。その後は2年ごとに検査を受けることになっていきます。ここで注意しておきたいことは車検切れの車に乗るということです。この車に乗ってしまうと処罰の対象になるので、点検については忘れることのないように確認しておく必要があります。次に点検にかかる費用について説明します。車に乗っていれば重量税、自賠責保険、自動車税などこれらは絶対に払わなければいけないものになってきます。さらにこの他に点検代が加わってくることとなります。これは主に車検整備代や消耗品交換代、部品交換代、予備車検費用、書類作成代、検査代など細かい項目に必要な代金がすべて含まれることになります。これらの点検を行う際には支払わなければならないのです。しかし点検にかかる費用はこれくらいという予想しかできないのです。なぜなら車によっては点検の費用が変わってくるからです。もちろん新しい車は安く済む確率がありますし、10年以上乗っている車は多くの車検料を支払うこともあります。ですから点検代というのは正確に決められておらず、乗っている車によって合計金額が決まります。次に点検を受ける前の準備について紹介します。点検を受けるために必要な書類は、自動車税を支払った時の納税証明書と車検証になります。これについてはしっかりと準備するようにしてください。また、自動車税は、毎年4月か5月くらいには自宅に届きますので、コンビニ等で支払うことができます。自動車税を支払っていないと車検を受けられず、それまでの手続きがとても面倒になってしまいますので、しっかりと準備をしておくようにする必要があります。次にユーザー点検について説明します。これは何だろうと思う方も多いと思いますが、これは業者に依頼して点検を受けることではなく、自分で点検を通しに行くことを言います。これをするメリットとしては、業者に頼むよりも安く点検を済ませることが出来るということです。しかし、メリットとしてはこれくらいで、実際は自分で全て作業をするというのはとても大変になります。また、車の地域についても知っていなければいけないので労力を使用することとなります。とはいえ、これらのことを全て出来るという方にはお勧めします。



点検が安いところ



最近では点検をする時に安くやるという業者が増えてきています。また、他の業者から見積もりを出してもらい、それよりも安くやります。という業者も多くなってきています。今回は安く点検を行ってくれる所の紹介をします。まずは安さの秘訣についてです。従来の点検では営業活動を行い、車をお客様から受け取り、点検整備を行い、納車という形になっていましたが、安く行ってくれる企業のシステムはこのようになっています。まずはお客様が車を持ち込みます。その後点検整備を行います。それであとは納車を行い終了になります。これを実現しているので、安心でスピードがあって、安く済むことが出来ます。それが安さの違いとなります。次にシステムの原動力について説明します。何といっても業者が安くしてくれているのではなく、お客様次第で料金を安くさせることが出来ます。料金が高くなる点検方法は引き取りの場合になります。引き取りになると手間がかかる分、料金も高くなります。こういったことで点検が高くなるよりも、自分たちで車を持ち込んでやってもらったほうが安く済みます。また、点検も他の業者よりも早く終わるので、とてもお勧めなシステムになります。これだけ安くしてくれる業者は他にはないと思うので、極力点検を安く済ませたいという方は検討してみると良いです。また、代車についても無料で行ってくれます。大体点検が安いところは代車が高かったりしますが、ここは代車も無料で点検もどこよりも安くなります。これだけ画期的なシステムで点検を行っているところは少ないので魅力的です。



点検の料金について



点検の料金についてはどれだけ安いところでも車の種類によって異なってきます。例えば軽自動車と大型車では約3万円も料金が変わってきます。ですから、点検の料金は車の種類によっても変わってくるのです。また、とても古い年式の車に関してはこれ以上に料金が高くなりますので、古い車の購入を考えている人は、点検の費用も頭に入れて購入することをお勧めします。

次の記事へ