コラム

軽自動車の車検について

自動車を所有していると、必ず2年に一度の車検(継続検査)を受けなければなりません。軽自動車も同様で、やはり2年に一度の継続検査が義務付けられています。継続検査の期限が切れてしまった車両を公道で走行させることは違法行為となっているのです。軽自動車の継続検査を受けるための手段としては、指定整備工場を有するディーラーや業者に継続検査手続きの全てを任せる方法と、検査場に車両を持ち込み自分で継続検査を受ける方法(これがいわゆるユーザー車検です)があります。ディーラーや業者に任せる場合であれば、車両と必要書類(車検証、自賠責保険証明書、自動車税証明書)を預けるだけで、あとの手続きは全て業者が行ってくれます。ただし、法定費用(自動車重量税、自賠責保険料、検査手数料)以外に車検基本料と呼ばれる業者に支払う手数料が必要となります。一方、自分で継続検査を受ける場合は、必要な経費は法定費用のみですので、費用的に有利となります。自分で継続検査を受けるためにはまず予約を行うことから始まります。インターネット上にある予約システムにて継続検査を受ける日時の指定を行い、検査当日までに必要書類を揃えておきます。当日は、予約時間よりも1時間以上早めに検査場に行くことをお勧めします。検査場の近辺にある予備検査場(テスター場)にて予備検査を行う必要があるからです。



テスター場では本番の継続検査と同じ内容のラインで検査を受けることが出来ます。もし予備検査で問題が無ければ、本番でもほとんど合格すると言えるでしょう。また、万が一不具合が見つかった場合でも、継続検査を受ける前に修理や整備が可能なのです。予備検査後、いよいよ本番となります。申請書と必要書類を軽自動車協会のユーザー車検窓口に提出し、継続検査のラインを通ります。継続検査は前後ライト及び方向指示器の点灯確認、タイヤの消耗度確認(あまりにも溝が浅い場合には不合格となります)、前後ブレーキ及び駐車ブレーキの検査、スピードメーターの検査、ヘッドライトの光軸検査と進み、最後に下回りの検査と排気ガスの検査を経て終了となります。予備検査を受けているのであれば、一度行っている検査ですので問題なく進みます。合格したら新しい車検証とステッカーが交付され、継続検査終了となります。このように自分で継続検査を受ける場合と、業者に任せる場合でも基本的な検査箇所は同じです。ただし、継続検査に合格したからといって、2年間故障しないということが確約されたわけではありません。あくまで(走行するのに必要な最低限の状態)が維持されていることが確約されているだけなのです。ですから、製造後ある程度年数が経過している軽自動車の場合には整備等も必要となりますので、ディーラーなどの業者に継続検査手続きをお願いしたほうが無難と言えるでしょう。

次の記事へ