コラム

早くて安い車検の予約と一連の作業の流れ

マイカーに関しては非常に便利な乗り物として使うことができ、毎日の通勤用として利用している方や、レジャーや買い物目的で利用されている方もいます。どのような方でも同じように維持費がかかることになり、燃料代の他にも保険料や各種税金の支払いなどが毎年必要とされています。

道路を走行させる自動車の場合では、車検を受けることも必要です。車検は自動車の維持費用の中でも多額の費用がかかってしまうことでも知られていて、2年に1度の検査になりますが中にはローンを利用して費用を支払う方まで存在しています。



かつては車検に出す方法として用いられてきた内容では、マイカーを購入した自動車ディーラーに依頼を行うことを行ってきた方が多い傾向にあります。他にも住んでいる住宅の近くで営業をしている整備工場などに依頼を行う方も多く、このタイプではある程度のまとまった資金が必要になることも広く知られていることです。

現在は車検に必要とされている費用について大きく変化をしている状態にあり、従来型の方法とは異なって早くて安い検査を利用できる方法が用意されています。

一般的には検査料の他に代行手数料などが必要とされており、他にも必ず必要とされる自賠責保険料や自動車重量税の支払いが求められています。その結果として大きな費用がかかることになりますが、現在注目されている方法であれば、中には代行料や手数料などを一切省いて格安にて検査を行うシステムが用意されています。

事前に予約をとることが必要とされていますが、予約を行った当日には指定されている検査場に自らがマイカーを持ち込む方法で、専任の整備士によってスピーディーな検査を実施していることが大まかな流れになります。



入庫と同時に必要とされている書類を提出することも必要になり、車検証や自賠責保険証、自動車税の納付書などが該当しています。フロントにて問診を行っているので、不具合などを感じている箇所があれば伝えておくことでスムーズな検査を行うことができます。

安くて早い車検であっても、法定通りの検査の他に日常点検として細かい部分にまで点検を実施しているので、例えば消耗品などの交換時期が近付いている場合では、立ち合いでの説明を行う段階で、その詳細を把握することができます。

問題がなければ最短で45分から1時間程度で済ませることができるので、予約をとってから作業完了までの時間を大きく短縮することができます。一般的な検査と同じように整備が必要な部分が見つけられた場合では、随時報告されるシステムなので安心して利用できるメリットも含まれています。

次の記事へ