コラム

車検を安くする時でも必要書類は忘れずに

車検は二年に一回のサイクルでやってきますが、もっと安く出来たらいいのにと考えている人は少なくありません。軽自動車であればまだ費用も安いものの、乗用車になれば10万円は軽くするので多くの人たちの頭を悩ませています。今はどこで作業をしてもらうかは自分で見積もりを取りながら選ぶことが出来ますので、これまで作業を依頼していた場所が高いと思うのであれば、しっかりと比較をしていきましょう。



作業をしてもらうお店を決めたら、車検の予約もしていくことになります。その時には必要書類も忘れずに準備をしておきましょう。そうでないと慌てて当日に検査証などが見つからずに再発行してからというような事態になってしまいます。お店に依頼して作業をしてもらう時の必要書類は基本的に検査証、自賠責保険に加入した時にもらう自動車損害賠償責任保険証明書、自動車納税証明書です。予約をする時にどんな書類が必要なのか確認しておいて、内容であれば相談をしたり再発行の手続きをしましょう。



お店もたくさんありますので、車検の時期がそろそろ近づいてきたなと思ったらまずは見積もりだけでも取っておくといいでしょう。ディーラーや一般の自動車販売店、整備工場や代行、専門店など選択肢はかなりたくさんあります。価格は昔に比べると安くなってきていますが、料金表はあくまで概算となりますので、きちんと見積もりを取ってから正確な数字を出してそこから検討した方が金額的にも納得が出来ます。



必要書類は二年に一回ということで、しまっていてもどこに置いたのか忘れてしまうことも良くあります。再発行をする場合には多少時間を要することがありますので、自分が予約している日までに準備が出来るように調整をするか、または間に合いそうにない場合にはお店に相談をしてどうしたらいいのか聞くようにしましょう。自動車を持ち込むだけで作業をしてもらえるかというとそういうわけではないのです。



安心して自動車に乗り続けていくためにも必要なだけでなく、有効期限が切れてしまったのにそのまま乗り続けていると道路交通法違反となります。その場合も速やかに車検を受けなくてはいけないのですが、この場合は自動車で道路を走行することが出来ないのでお店に相談して仮ナンバーの発行などをしたりすることになります。有効期限が切れたりしないよう、日程もよく考えて必要書類も全部そろえてから車検が出せるようにしましょう。

次の記事へ