コラム

軽車検費用の内訳について

最近は軽自動車が流行っていますが、気になるのが軽車検費用についてです。

現在乗っている軽自動車の車検期間が満期になる時、引き続き乗る為に受けるのが継続検査であり、一般的にいう車検とはこの継続検査のことです。

軽自動車も普通乗用車と同様で、新車で買った時は3年、それ以降は2年で満期となり、車検を受けなければいけなくなります。

軽車検費用は、2つに分かれ、法定費用と点検・整備費用になります。

法定費用の内訳は、自動車損害賠償責任保険と重量税があって、軽自動車の場合、自賠責が26370円(2年分)、重量税が8800円、手続きに必要な印紙代1400円が必要になります。



これらの合計金額36570円は必ず納めなければいけない費用なので、どこで車検を受けたとしても同額かかる費用となります。

ただし車を購入してから何年経過しているかで若干費用が異なりますので注意が必要です。

次は点検・整備費用ですが、車検に通るための項目をチェックする車検基本料と、車を検査所まで運び、各種手続きを行う車検代行料、その他には事務手数料があり、これらの費用が車検を受ける場所によって異なるので、軽車検費用の総額に差が出てくることになります。

一般的にディーラー車検は高く、整備工場やガソリンスタンドで受ける場合は安くあがる場合が多いといわれていますが、その理由としては、点検・整備項目が統一されているわけではないし、それにかかる費用はそれぞれの業者が任意で設定しているからです。

極端に言えば軽自動車車検協会が実施している検査に通ればいいのだから、通るためのだけの点検・整備を行うか、消耗部品を全て交換して完璧に仕上げるのか、という点で総額が変わってきます。

ディーラーでの車検の場合は、今現在支障が出ていなくても近いうちに劣化が進みそうな部分の消耗品を前もって交換することが多く、その為にパーツ代金と工賃がかかり総額が高くなるのですが、確かな技術でしっかりと整備された車ならその後も安心して乗ることが出来るはずです。

一方、整備工場やガソリンスタンドでは今現在不具合がでていない部分は交換しないというのが一般的でありますので、事前に話合って必要最低限の部分だけの交換を行なえば安く仕上がることとなります。



普段からこまめにチェックしたり消耗品の交換をしている人にはおすすめです。

中には車検基本料、車検代行料、事務手数料が全くかからないという車検屋さんもあるようです。

自分のカーライフに合わせた場所で車検を受けて安全運転を心がけましょう。

車検が切れた車に乗っていると無車検運行となり、違反点数6点が課せられるので、必ず早めに車検を受けて期限切れにならないように注意しましょう。

次の記事へ