コラム

車検の費用の内訳をチェック

自動車に乗っている以上は誰もが車検を受けなくてはいけません。有効期限が満了してしまうと、その自動車にはもう乗れなくなってしまうのです。あまり考えたことがないかもしれませんが、有効期限を過ぎた状態で自動車を走行させると道路交通法違反となってしまうので注意しましょう。



そんな車検ですが、一番ネックになってくるのは費用でしょう。二年に一回だからしょうがないとは思いながらも、車種によっては十万円を超える金額を用意しなくてはいけないので頭を抱えていることも少なくありません。大事な点検などをしてもらうのだからこれぐらいの価格はかかるのだと当然のように思っているかもしれませんが、近年は見積もりを事前にとって少しでも安く仕上げられるところを自分で選択する人も増えています。



一式というような記載だとどのような費用構成になっているのか全く分かりませんので、詳細を確認するためにはきちんと内訳も確認しておきましょう。基本的にはどんな自動車でも変わることがない税金部分と点検などの作業する側で変わってくる基本料の二種類で構成されています。税金に関しては、重量税や自賠責保険料、そして印紙代となります。これは自動車によって決まっているものなのでどこで作業をしてもらう場合でも変わりがありません。



もう一つの基本料に関しては、作業をする販売店やディーラーなどの儲けの部分になりますが、これがかなり違ってくることが分かります。特にディーラーは高いと言われていますが、その分しっかりと隅々まで車検の際に整備をしてくれますので安心度の面では一番信頼度が置けると言っても良いでしょう。他にも販売店や町工場などもありますし、自分で出すことも可能です。



費用に関してはそれぞれで見積もりをまず取っていくことで大まかな金額の目処が分かります。金額に納得が出来ればその店舗で作業の依頼をするべく予約を取ればいいのです。点検をしていく中で消耗品の交換などが必要になればその分も別途料金がかかってくることがありますので、相談をしながら作業を進めていきましょう。



どこで車検をするのがいいのかは、各個人によって変わります。とにかく安い方がいいのであればチェーン店などを利用する方が安価になりますし、しっかりと点検などをしてもらいたいと思うのであれば出費を覚悟しながらディーラーなどを利用するということになります。依頼前には見積もりも取ってから、車検に出すと金額も確認できて安心です。

次の記事へ