コラム

車検の費用と流れを確認

車検は二年に一回行わなくてはいけませんが、どんな人でも行わなくてはいけないので予め資金なども準備している人も多いのではないでしょうか。最近は見積もりなども取るようにと言われたりもしますので、自分で事前にある程度費用の確認はしていることも増えてきています。



見積もりなども取るのは簡単です。販売店などに持ち込んで自動車の状態を確認してもらってから実際に数字を出していくという方法もありますし、インターネットが使える環境であればそれを利用して一括で見積もりを取ることもできます。この場合には自動車の年式や車種などを入力して大まかな数字で返ってきますので、さらに詳細を知りたい時にはきちんと販売店などで見てもらう方がいいでしょう。



車検の費用も確認したら、今度はどんな流れで作業をしていくのかもざっとで良いので確認しておきましょう。殆どの人がディーラーや販売店などの業者に依頼をして作業をしてもらうことになります。簡単な見積もりを取ってからさらに詳細な見積もりを取ってもらった後、見積書をもらってそれに間違いがないか確認をします。それでよければ車検の予約を取ることになります。自分の都合のいい日に出して構いませんので、有効期限が切れることのないようにだけしておきましょう。



予約の日が来れば自動車を持ち込んで受付をしてもらい、必要に応じて代車と入れ替えとなります。作業日程自体は当日朝に出して夕方に帰ってくるというようなこともあれば、2~3日ほど日程が必要になる業者もありますので、自分のスケジュールに合わせて自動車を戻してもらえるように事前に作業日程も確認しておくと安心できます。



作業が終われば決まった時間に自動車を引き取りに行きます。作業費用なども支払うことになりますが、実費で現金払いをするのか、カードなどが利用できるのかという事も確認しておいて下さい。振込みなどで支払いをすることも多いので、その時には金融機関の口座番号なども間違わないようにしておくといいでしょう。



業者に依頼をすれば、点検や様々な書類作成やそれらの申請なども代行してくれますのでとても車検が楽になります。費用などは自分の予算もあるでしょうから、大まかな見積もりを取ってから依頼をするところを決めると良いでしょう。どこで依頼をする場合でも作業の流れ自体はそれほど変わりませんので、時期が近づいてきたら自分でも早めに準備しておくと慌てずに済みます。

次の記事へ