車検のコラム

車検切れの自動車でも車検の予約はできる?

うっかり車検を通すのを忘れ、車検証の有効期限が切れてしまった場合、車検の予約は可能なのでしょうか。
実は車検切れの車でも、車検の予約自体は問題なく可能です。

しかし、車検を通すときに気を付けるべきポイントがいくつかあります。
たとえば、車検切れの車を車検業者に持っていくため公道で走らせると、無車検運行に当たる可能性があります。

この記事では、車検切れに気がついた際にまずすべきことをご紹介いたします。ぜひご確認ください。

車検切れの自動車は運転せずに専門業者に連絡を

もし車検が切れていることに気づいたら、すみやかに工場やディーラーに連絡しましょう。

くれぐれも車検切れの車をそのまま公道で走らせるのはやめましょう。無車検運行とみなされた場合、行政処分(免停)だけでなく刑事処分も科されます。
自賠責保険が切れた状態で事故を起こしたら、多額の損害賠償金を負担することもあります。

車検業者によっては、レッカー車や車両運搬車で車を運ぶ「引取納車」も可能です。車の車検切れに気づいたら、すみやかに専門業者に連絡をして車検を通す手続きをしましょう。

車検が切れていることに気づいたら、すぐに「継続検査」の予約を

車検の有効期間は車種によって違います。たとえば、普通自動車や軽自動車は初回3年、2回目からは2年ですが、レンタカーやトラックはもっと短くなってきます。車に長く乗っていない方は、まず車検証の有効期限を確認しましょう。

車種 初回 2回目以降
普通自動車 3年 2年
軽自動車 3年 2年
小型二輪(250cc~) 3年 2年
レンタカー 2年 1年
バス・タクシー 1年 1年
貨物自動車(8t未満) 2年 1年
貨物自動車(8t未満) 1年 1年

もし、車検証の有効期限が切れていることに気がついたら、どのように対処すればよいのでしょうか。実は車検切れの車であっても、車検の手続きや必要書類は通常と変わりません。
車検証と自賠責保険証明書をそろえて、工場やディーラーに連絡するか、最寄りの陸運支局で手続きをすれば問題ありません。

原則として「新規検査」ではなく「継続検査」を

車検切れの車を車検に出すときに気になるのが、「新規検査」か「継続検査」のどちらがよいかという点です。車検が切れてしまったのだから、新規検査にしようと考える方も少なくありません。

しかし、車検切れの場合でも、ナンバープレートを返納しておらず、毎年自動車税を納めている場合は、原則として継続検査を選びましょう。新規検査は新しく購入した車や、1度ナンバーの抹消手続きを行った車など、ナンバープレートのない車に対して行う検査です。車検切れの車の手続きをする場合は、「継続検査申請書」を用意しましょう。
※速太郎車検では、新規検査は行っておりません。

車検を通すのをうっかり忘れてしまっていても、通常どおり「継続検査」の手続きをすること自体は問題ありません。しかし、車検切れのケースで困るのが、無車検車をどうやって工場や車検センターに移動させるかという問題です。

車検切れの車の手続きをする前にやるべき3つのこと

無車検車を車検に出すなら、事前にやるべきことが3つあります。

まず、無車検車を工場やディーラーに持っていくため、市区町村役場で仮ナンバー(赤ナンバー)を取得するか、車検業者に連絡して引取納車を依頼しましょう。忘れてはならないのが、車検が切れるタイミングで自賠責保険も切れるということです。仮ナンバーの申請の際にも必要なため、加入手続きをしましょう。

1. まずは自賠責保険の加入手続きを

自賠責保険の更新手続きは車検と同じタイミングで行うため、車検が切れた車は自賠責保険も切れていることが少なくありません。車検の手続きに先立って、まずは自賠責保険の加入手続きをしましょう。

自賠責保険は2年の加入が通常ですが、1ヵ月単位での加入も可能です。自賠責保険は損害保険会社の代理店や、車やバイクの工場・販売店などで加入手続きができます。自賠責保険証は後述する「仮ナンバーの申請」の条件でもあります。車検の期限が切れてしまったら、忘れずに自賠責保険の手続きを行いましょう。

2. 「無車検車運行」を避けるため仮ナンバーを借りる

車検切れの車を公道で走らせると、道路運送車両法の「無車検運行」にあたり、行政処分(免停)だけでなく刑事処分も科されます。

しかし、工場やディーラーに車を持っていくためには、公道を走らなければなりません。そういうケースでは、地方自治体の役所で「自動車臨時運行許可申請書」を記入し、仮ナンバーの申請を行いましょう。

仮ナンバーを取得すれば、車検切れの車で公道を走っても咎められることはありません。仮ナンバーの取得手続きに必要なのは、運転免許証、認印、自賠責保険証(原本)、車検証の4点です。なお、自賠責保険は仮ナンバーの申請から1ヵ月以上有効である必要があります。

3. 車検業者に連絡して「引取納車」を依頼する方法も

車検切れの車を公道で走らせる方法として、車検業者の「引取納車」もあります。引取納車とは、レッカー車や車両運搬車を手配し、公道を自走できない車を運搬するサービスのことです。

引取納車を行っている車検業者があれば、仮ナンバーの申請ではなく、こちらを利用してもよいでしょう。ただし、引取納車は有料サービスであることが多く、移動距離が長いとコストがかかります。

車検切れのリスク:すぐに車検を通すべき2つの理由

車を車検切れのままにしていると、どんなデメリットがあるのでしょうか。車検切れの車をただ保有しているだけなら、自動車税の支払いくらいしかデメリットはありません。しかし、車検切れの車を公道で走らせると、道路運送車両法の無車検運行にあたり、免停だけでなく刑事処分の対象となるのです。

無車検車運行と判断されると一発で30日間の免停!さらに刑事罰も科される

車検証の有効期限が切れた車を公道で走らせることを「無車検運行」といい、道路運送車両法第58条で禁じられています。 車検切れを自覚しながら車を運転した場合、第108条の規定により罰則が科されます。車検切れのタイミングで、自賠責保険が切れるケースも少なくありません。 その場合は、自動車損害賠償保障法第5条の無保険運行にあたり、合算で罰則が科されてしまいます。

無車検運行

行政処分:違反点数6点

刑事処分:6ヵ月以下の懲役又は30万円以下の罰金

無保険運行

行政処分:違反点数6点

刑事処分:1年以下の懲役又は50万円以下の罰金

車検切れ・自賠責保険切れの車を意図的に公道で走らせた場合、行政処分で違反点数6点が加算され、前歴がなくても一発で30日間の免停処分です。

道路交通法施行令別表第2の備考により、同時に違反行為があった場合はもっとも高い点数が採用されるため、違反点数が合算されることはありません。
問題は刑事処分です。懲役刑や罰金刑は合算されるため、最大1年6ヵ月の懲役か80万円以下の罰金が科される可能性があります。[注1]

リスクを避けるためなるべく早期に車検の手続きを行いましょう。

事故を起こしたら莫大な損害賠償金を支払うリスクも

法的なリスクだけでなく、車検切れの車で事故を起こした場合のリスクも考える必要があります。
車検切れの車は自賠責保険が切れていることが多く、事故に対する補償がまったく受けられない状態です。相手方に怪我がない物損事故や追突事故ではなく、人身事故を起こしてしまった場合、怪我の程度によっては損害賠償金が発生する可能性があります。
相手方を死亡させてしまった場合は、数千万円の損害賠償金をすべて自己負担する必要があります。

もし車検切れに気づいたら、まず自賠責保険の手続きをし、仮ナンバーをとるか、工場やディーラーに連絡して、すみやかに車検を通す手はずを整えましょう。

[注1] e-GoV:道路交通法施行令 
https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=335CO0000000270#1549