車検のコラム

車検が切れてしまった!車検切れの注意点と対処法

車の運転中に車検切れ間近、もしくはすでに車検が切れていることに気付くと誰しも焦ってしまうものです。そこで、今回は車検切れに気付いたときに行うべきことや車検切れになったときの注意点について解説します。事前に対処法を知っておけば、いざトラブルに遭遇した際にも冷静に対応できるでしょう。

車検切れになっていたときの3つの注意点

車検切れの状態のまま車を運転してしまうと、罰金もしくは懲役刑が課されます。そのような最悪な事態を防ぐために、車検切れになっていたときの注意点を3つご紹介します。

1. 車検切れの車で公道は走れない

車検切れの車を公道で走らせると法律違反で罰せられます。また、車検切れの場合、レッカー車で移動させることもできません。レッカー車は車の前輪部分を持ち上げて牽引しますが、後輪部分は道路と接地しており、公道を走っているのと同じとみなされるため、車検切れの車は利用できないのです。

もし、車検切れの状態で公道を走ると、道路交通法の規定により、違反点数6点の付加、30日間の免許停止処分、30万円以下の罰金、もしくは半年以下の懲役刑が課されます。

2. 自賠責未加入による罰則を受ける可能性がある

車検切れの場合、自賠責保険の期限も切れてしまっていることも多く、自賠責保険未加入による罰則を受けてしまいます。自賠責保険とは、自動車損害賠償責任保険のことで、すべての自動車が加入しなければならない保険です。この保険の目的は、自動車事故の被害者を救済することであり、あなたがもし車で誰かを傷付けてしまった場合に役立ちます。

通常、自賠責保険は車検の有効期限よりも1ヵ月後ろにずらして契約されます。車検に通すためには自賠責保険の加入が必須であり、このように1ヵ月ずらすことで、車検取得のタイミングで自賠責保険の期限が切れてしまうことを防ぎます。そのため、車検の有効期限と自賠責の有効期限は1ヵ月しか違わず、車検切れの車は自賠責保険の有効期限も切れている可能性が高いのです。

もし、自賠責保険未加入のまま公道を走ると、道路交通法に基づき違反点数6点がつき、1年以下の懲役、または50万円以下の罰金が課せられます。また、保険未加入の状態で事故を起こせば多額の損害賠償を行うことになるため、大変危険です。

3. 自賠責未加入・無車検の2つを同時に違反すると2つの罰則を受けることも

車検切れの車を利用し続けると、車検切れによるものと自賠責保険未加入によるものの2つの罰則を受ける可能性があります。この2つの罰則を同時に受けた場合、違反点数12点が付加され免許は90日間停止、さらには50万円以下の罰金、もしくは1年以下の懲役刑が課されます。

車検切れに気付いたときに行うべき5つのこと

車検が切れていることに気付いたら、以下のとおり対処しましょう。
これらは再び車に乗るうえで欠かせない作業です。

1. 罰則の対象となるため一刻も早く車の運転を控える

車検切れに気付いたら一刻も早く車の運転を控えてください。なぜなら、車検切れの車を運転していることが発覚すると、罰金や懲役刑が課されるからです。また、車検切れの状態で事故を起こすと、その補償に多額の費用がかかるため、注意が必要です。

単なる物損事故や怪我人のいない追突事故では免許の点数が引かれることはありませんが、車検切れの状態では任意保険が適用できないケースが多いです。そのため、相手との示談金、車の修理代がすべて自己負担となってしまいます。

一方、事故で怪我人が出た場合は、違反点数が3点付与されます。さらに、車検切れと自賠責未加入による違反点数12点も付与されれば、違反点数はトータルで15点となり、免許取り消しの処分を受けてしまいます。

また、自賠責未加入により多額の賠償金を請求される可能性もあります。車検切れの状態で車を運転すると大きな損失を被るため、有効期限が切れていることが分かったらすぐに運転を控えるようにしましょう。

2. 自賠責保険に加入する

今後も車を運転するつもりであるならば、自賠責保険に加入することが必須です。また、以下で紹介するように仮ナンバーの取得にも自賠責保険は必須です。
自賠責保険は、損害保険会社や保険会社の代理店で加入できます。保険料は、車の車種や地域などによって変わりますが、保険会社によって金額が変動することはありません。

軽自動車の場合、13ヵ月契約であれば1万5,960円、25ヵ月契約だと2万5,880円。普通乗用車ならば13ヵ月契約で1万6,380円、25ヵ月契約で2万6,680円程度です。契約から2〜3日もすれば自宅に証書が届きます。

3. 仮ナンバーは居住する市町村の役場で申請

車検切れとなった車は公道を走らせることができません。そのため、そのままの状態では車検場や整備場へ車を運ぶことができません。そこで、その対処法として仮ナンバーを取得するという手があります。仮ナンバーを取得すると、3〜5日の間はその車の運転が可能になり、車を車検場へ移動させることができます。

仮ナンバーは、自身が居住する市町村の役場で申請します。申請の際は、運転免許証、認印、自賠責保険証の原本、車検証といったものを準備する必要があります。仮ナンバー申請にかかる費用は市町村によって異なりますが、概ね600円前後です。申請後その場で仮ナンバーは交付されます。

なお、仮ナンバーでは、申請時に記入した目的以外で車を利用することはできません。今回のケースだと、仮ナンバー取得の目的は車を車検場へ移動させることであり、それ以外の用途で車を公道に走らせてはいけません。

上述のとおり、仮ナンバーには有効期限があり、利用期限終了後5日以内に返却する必要があります。もし返却を行わなかった場合、道路輸送車両法の規定により半年以下の懲役刑、もしくは30万円以下の罰金が課せられます。
ただし、5日目が休日の場合は翌営業日までに返却すれば問題ありません。

4. ローダーの手配は6時間で1万5,000円ほど

車検切れの車を移動させる手段は他にもあります。たとえば、ローダーをレンタルし、車を車検場まで運ぶといった手も考えられます。
ローダーとは、車や建築機械を運ぶために用いられる運搬用トラックです。荷台部分をスライドさせて地面と接地させることで、車を持ち上げることなく荷台に積むことができます。レンタル料金は6時間1万5,000円、24時間2万5,000円程度です。

重量5トン未満、積載量3トン未満のローダーならば普通免許でも運転可能です。それ以上になると中型、大型免許が必要になります。

また、業者に車の移動をお願いすることもできます。ただし、先に触れたとおり、後輪が地面に接地するレッカー車での運搬はできません。そのため、業者に依頼する際も積載車で対応してもらうことになるでしょう。

5. 車検切れでも自動車税は課税されるため支払いを止める手続きを行う

車検切れの車でも自動車税は課税されます。そのため、しばらく車を使用しない場合は、税金の支払いを止めるための手続きを行うべきです。自動車税の支払いを止めるには、一時抹消、もしくは自動車税事務所への申し立て申請のいずれかの手続きを行う必要があります。

一時抹消とは、一時的に車の所有権を放棄する手続きです。自動車税は車の所有者にかけられる税金なので、所有者不在となれば税金は発生しません。この手続きは運輸支局で行えます。

これと似たものとして永久抹消という手続きがあります。永久抹消は車の解体後に行う手続きで、その車は二度と使用できません。

なお、車検が切れて数ヵ月後に一時抹消手続きを行った場合でも支払った自動車税は還付されます。この場合、還付手続きの申立書を申請後、約2〜3ヵ月程度で還付金が受け取れます。

車検切れになる前に気付くための4つのポイント

車検は切れる前に気付くことが大切です。日頃から車検の満了日を意識しておけば、車検切れになることはありません。車検が切れて公道を走れなくなる前に、必ず事前に車検満了日を確認しておきましょう。

1. 車検の満了日を確認するにはフロントガラスに着目

車検切れになる前に気付くため、車検の満了日を確認する習慣をつけましょう。たとえば、朝出勤するときに必ず車のフロントガラスに貼り付けた、車検のステッカーを確認するように心掛ければ、車検切れが起こることはありません。また、ステッカーはできるだけ目に留まりやすい位置に貼るよう、あらかじめ販売店に伝えておくのも大切です。

2. 任意保険の案内が届いたら車検も確認する

一般的に車を購入するタイミングで任意保険にも加入するはずです。そのため、毎年更新が行われる任意保険と、2年ごとに更新される車検は更新のタイミングが2年ごとに一致します。

つまり、任意保険の更新の知らせが来たら車検の更新も近づいている可能性が高いということになります。そこで、任意保険の更新の案内が来たときに車検の更新も確認すれば車検切れが防げます。

3. スマホで通知が来るように設定する

スマートフォンのアプリの中には予定が管理できるものがたくさんあります。また、デフォルトでインストールされているカレンダーアプリでも予定の管理が行えます。

そこで、車検の有効期限の1ヵ月前に通知が来るように設定しておけば、スマートフォンがあなたにもうすぐ車検が切れると警告してくれます。
ただし、スマートフォンを買い替えてしまうと、その通知設定が消えてしまうので注意が必要です。端末を買い替える際は、新たに通知設定を行うようにしてください。

4. 1ヵ月前から車検を取るよう心掛ける

余裕を持って期日の1ヵ月前から車検の更新手続きを行うようにするのも手です。1ヵ月前から手続きを行ったとしても次回の車検満了日は変わりません。ただし、1ヵ月以上前から手続きを行ってしまうと、次の満了日が早まってしまうのでご注意ください。

車検切れになってしまっても冷静に対処しましょう

車の車検が切れた際の対処法について紹介しました。車検が切れた車で公道を走ることは法律で禁止されています。また、その状態で事故を起こすと多大な賠償金を請求されることもあり、そのままで運転するのは大変危険です。

車検切れに気付いた際は、まずは車の運転を控えてください。冷静に対処すればトラブルなく解決できるはずです。また、このようなトラブルに巻き込まれないためにも、日頃から車検の満了日を確認する癖をつけるようにしましょう。