コラム

車検の必要書類と費用の分割払い
車検(継続検査)の時期がやってきますと、その手続きと費用面で頭を悩ませることになります。継続検査においてはディーラーや業者に全てを任せる方法と、車を陸運局や軽自動車検査協会に持ち込んで自分で継続検査を……

車検の必要書類と費用の相場について
車検は、正式には自動車検査登録制度の略で、日本ではミニカーや小型特殊自動車を除く自動車や250cc以上の自動二輪に対して、保安基準に適合しているかを確認するための検査です。また検査を受けると同時に発行……

車検の予約の際には考えて時間を決めよう
愛車には必ず車検の時期がやってきます。期限切れになってしまうと、使用すると道路交通法違反となってしまいます。当然、継続検査を受けなければなりません。この継続検査を受けるためには、ディーラーや業者に全て……

車検切れの自動車でも車検の予約は出来る?
車検はどのような自動車でも公道を走行する以上は常に取得していなくてはならないものですが、時折これが期限切れになってしまっているというような人も見受けられます。 その期限切れになった理由としては例……

ディーラーの車検に予約することは愛車に優しい
車検の予約をするときに強いこだわりがなければ、可能な限り安い店舗に予約する人の割合が多いです。最終的に法定点検が無事に済めば良いので、そこにいたる過程で多くの費用がかかることを好まないユーザーは少なく……

車検の予約期間はいつからいつまで?
車検は自動車ユーザーにとって常に意識をしなくてはならないものです。 万が一これの有効期限が切れてしまえばその自動車で公道を走行することは出来なくなってしまいますし、数万円、自動車によっては数十万……

車検の予約はシールの期日を確認して行うべき
自家用車を所有している人が必ず経験することが継続検査(車検)です。検査証に期限が記載されていますし、車のフロントガラスに貼っている車検シールを確認すれば、その期限がわかります。この期限を越えているのに……

車検、特にユーザー車検には予約が必要
愛車には必ず車検の時期がやってきます。継続検査を受けなければなりませんが、これをディーラーや専門業者に全て任せるか、自分で車を陸運局に持ち込んで継続検査を受検する『ユーザー車検』をするかの2択になるの……

車検の見積りには有効期限がある
車検を受ける際には必ず見積りを取る必要があります。 検査にはどれくらいの費用がかかるのか、法定手続きにはどれくらいの費用がかかるのかということを明らかにしていなくては、自分がどれくらいのお金を用……

車検費用の見積とローンについて
自家用車を所有していると、必ず訪れるのが車検(継続検査)の時期です。新車登録後であれば3年、それ以外ですと2年の期間を過ぎれば、継続検査を受けない限り使用することが出来なくなります。もし継続検査を受け……

車検の見積で激安のところを探す
車検を受けようとするとき、その時期が近づいたら車を購入したディーラーから案内の葉書が届いたりします。新車を購入した場合は今後のメンテナンスなども含め、車検も合わせて引き受けてくれるところがほとんどです……

車検費用の見積を比較しよう
愛車の車検(継続検査)の時期になりますと、費用の問題が発生します。基本的に継続検査を受検するためには数万円から10万円以上の費用が必要となってきます。大きな出費となり、非常に悩ましい問題です。 ……

車検の期間が近づいたら見積もりを依頼しよう
車を所有しているとバスやタクシー等を使わずに、自分が好きな時に行きたい場所に行けるというメリットがあります。その反面、車には色々な維持費がかかるというデメリットもありますが、工夫次第で維持費を節約する……

車検の見積りがあまりにも安いのは要注意
車検は自動車を持つ人にとって避けては通れない存在です。 これを通さないまま車に乗り続けると法的な処罰を受けてしまうわけですから、その車検の費用を支払うか、それとも車を手放すかの選択肢しかないので……

軽車検費用の比較検討の利点
車検は定期的に行う必要があり、車の検査を受けて安全と認められる事で安心して乗る事が出来ますから、新車の時は3年間、通常は2年に1回の検査が必要になっており、軽自動車の軽車検費用は普通車と比較すると安く……

手続きを工夫すると軽車検費用が手頃になる
軽車検費用は往々に高価な印象が強いものですが、愛車を安全に使用するためには必要不可欠な出費です。お金が惜しいなどと考えて車検を受けないようなことがあれば、法律に反している自動車ユーザーと見なされてしま……

軽車検費用に関する予備知識とは
軽車検費用に関する予備知識を知っておけば円滑に納得出来る形で車検を進めていく事が可能であり、そもそも軽自動車の現在の規格は排気量660cc以下、長さが3.4メートル、高さが2.0メートル、幅が1.48……

軽車検費用の相場について
日本の狭い国土に合っている軽自動車は非常に普及しているものであり、継続的に乗車する方も多い車ですから車検が必要になる方も多くなります。 まず軽自動車というのは排気量が660cc以下であり……

軽自動車の中古車を車検する場合
軽自動車に新車と新車以外の車の車検(継続検査)は全く同じものではありません。まず、新車の場合は購入時に新車登録をした時点で3年間の車検有効期間が設けられています。これが中古車との大きな違いといえます。……

軽自動車の新車を車検に出す時
車検は新車の時は3年間、通常は2年に一度の検査が必要になり、軽自動車の新車車検の時には基本的なルールや注意点を知った状態で行うと、安心して点検してもらう事が可能です。 まず軽自動車という……

軽自動車の車検に関する基礎知識を知る利点
軽自動車の車検に関しての基礎知識を知っておくと、コストを下げたり有利な取引を行える可能性がありますから、必要な費用の相場や書類の準備等の基礎的な事を知った上で行うとスムーズにいきます。 ……

軽自動車の車検を店舗依頼することができる専門店
 軽自動車には、主に「軽乗用車」と「軽貨物車」があります。  軽乗用車は5ナンバーで、おもに人の乗用に利用されることを目的としたものです。  軽貨物車とは4ナンバーであり、主に貨物の輸送を……

「車検の速太郎」で整備を受ける際の必要書類
 車検の時期になると、その出費が気になって、憂鬱な気分になる人は決して少なくないでしょう。  しかし、安全なカーライフのために、費用を惜しまず、たくさんお金を支払っている方もいらっしゃるのではな……

車検を店舗依頼した場合の必要書類
車検は自動車検査登録制度の略称で、自動車やトラック、また250cc以上のバイクなどで必要とされる法定検査のことです。車検の年数は車種などによって異なりますが、普通乗用車の場合には初回は3年、以降は2年……

車検の必要書類は自分で揃えましょう
車検を受けるときには陸運支局や軽自動車検査協会へ提出しないといけない書類があります。これは整備工場に頼んだ場合でも基本的に自分で用意しなければなりません。すぐには手に入らない場合もあるのであらかじめ余……

車検を受ける際の車検証以外の必要書類
普通車の車検(継続検査)を受ける際には用意しなければならない3つの必要書類があります。それは『車検証』、『自動車損害賠償責任保険証明書』、『自動車納税証明書』です。まず当然と言っていいのが『車検証』で……

自動車車検において必要な費用
自動車が突然動かなくなったり、故障が原因で大きな事故に発展したら大変です。そのようなリスクを未然に防ぎ、いつも安全かつ安心して運転していくために、定期的な整備点検が必要です。そのため法律で、新車から3……

自動車の車検を受ける際の手続きの流れ
所有している自動車は必ず車検(継続検査)を受ける日がやってきます。普通車の場合、自分で陸運局に車を持ち込んで継続検査を受検するユーザー車検を行う際の手続きの流れとしては、まずユーザー車検の予約から始ま……

軽自動車のユーザー車検は簡単なの
最近は、安く済むととても人気のあるユーザー車検ですが、特に軽自動車の人気は高いです。これは軽規格で作られているので大きさもそろっていて小さいですし、セカンドカーに使っていることが多く、年間の走行距離が……

ユーザー車検は単に安くする方法ではありません
自動車には車検と言う仕組みがあります。これにより定期点検や最初の登録された状態に維持が確認されるほかに、強制的に自賠責保険に加入させたり、自動車税や自動車重量税の徴収を行っている意味があります。しかし……

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ