車検のイロハ

誰も教えてくれない「車検」の選び方

一般的な車検と速太郎を比較

現在、車検を受けられる「場所」は、非常に多くの選択肢があります。
ここでは一番多くの方が受けられる「従来の車検」と、一番安価に受けられる「ユーザー車検」と「速太郎車検」を比較していきます。

料金面

車検の速太郎 法定費用+検査料金+整備費用 従来の車検 法定費用+検査料金+整備費用+申請代行料 ユーザー車検 法定費用

「速太郎車検」の場合
「申請代行料」と「代車手数料」がない分、従来の車検より安価に抑えることができます。

「従来の車検」の場合
「法定費用」と「検査料金」のほかに「申請代行料」や「代車」などが含まれます。

「ユーザー車検」の場合
法定費用のみで申請ができますが、修理が必要な項目があっても、その場で修理を行なうことは出来ないため、
修理工場等で修理を行い「再検査」を受けることになる場合があります。

サービス面

車検を受ける際には、法律で定められた56項目( 「法定56項目」)が基準を満たしていないと「合格」出来ません。
下記の図のように車検を受ける場合、どこで受けても必ず「法定56項目」の検査は受けることになります。

車検の速太郎 法定56項目+コンサルティング+付帯修理費用 従来車検 法定56項目+コンサルティング+付帯修理交換 ユーザー車検 法定56項目

「ユーザー車検」の場合
自分で車を持ち込み、検査を受けるため自動車についてのアドバイスがありません。いわば車検に「合格」するか「不合格」になるかだけです。

「速太郎車検」「従来の車検」の比較
車の状態に関する「コンサルティング」「付帯修理交換」「整備」など、車検の内容は同じです。

車の状態の理解

「速太郎車検」の場合
待っている間にできる車検のため、「部品の消耗の具合」などを目で見てご確認頂けます。

「従来の車検」の場合
車検時に車を預けるので、「部品の消耗の具合」などを直接見ることは出来ません。

「ユーザー車検」の場合
陸運局に自分で車を持ち込み「車検」を受けるため、全ての項目が基準ギリギリで合格をする場合もあります。「部品の消耗の具合」などは自分自身で把握が必要となります。

「速太郎車検」の場合

直接車の状態を見ることができる > ご納得いただけます

知ってとくする車検の豆知識

フェラーリなど高級スポーツカーの車検は、どこでも受けられる?
⇒専用設備を完備した車検場をお勧めします。

乗合バスの車検はどこでも受けられる?
⇒専用設備を完備した車検場でないと受けることが出来ません。

まとめ

上記のように、同じ「車検」と言っても、内容面や価格面などは様々です。
速太郎では、車検合格後もお客様に安心して自動車に乗って頂く事を第一に考え、お預かりした車を1台1台丁寧に検査させて頂いております。
また車検終了時には、自動車の状態について、詳しく説明させて頂きます。